読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松村堂

気になることは、気にとめる事にしました。

ウソをついてこっぴどく叱られた少年時代

ヒストリー

悪気が無いとはいえ度が過ぎてたかも

     f:id:rjmatsumura:20170324011450p:plain

僕は、昔から嘘つきで周りの大人から「狼少年」扱いされていた・・・・事は、断じてないのですが僕も含めて子供の頃は、大なり小なりウソというものを経験するのではないでしょうか。僕もいままでウソのひとつやふたつくらいついた事はあります。

やりがちなウソ
  • 悪気の無いウソ
  • 善い事に繋がると思いつくウソ
  • 注目を集めたい為のウソ
  • 振りかかる火の粉を掃うためのウソ
  • 得をする為のウソ
  • 人を陥れるためのウソ

他にも様々な理由でウソに至るものはあるかと思います。今も大きな話題になっている学園問題も、恐らくウソという歯車がどこかにはまり込んで真ともな歯車と一緒に物事を動かしているんだと思います。ウソが全て悪い方向に行くのであれば勿論問題ですが、そうでもないケースもありウソの扱い方はとても難しい問題だと思います。

冗談のつもりで言った言葉がウソに変わって伝わった出来事

   f:id:rjmatsumura:20170324012945j:plain写真はイメージです。

 

小学生の頃友達を誘い近所の親戚の家でボーリングのテーブルゲームを皆と仲良く遊びました。これが後に大人たちの逆鱗に触れるとは夢にも思いませんでした。

僕んちは、どちらかというと少し貧乏だったせいか、物心がついたころから母は、僕が何か買ってと要求するたびに「家は火の車や!」が口癖でした。そんな貧乏な家の近所に親戚の家がありました。この親戚は、靴の工場を経営していて間違いなく僕んちよりお金持ちでした。なにせ父も母もこの親戚の所で働いていたからです。仲は、よかったのでよく遊びに行きました。それに僕と同い年の男子もいました。僕の持っていないオモチャを一杯持っていました。僕んちにはオモチャが殆どないので大抵はここのオモチャで遊んでいました。

そんな背景の中、ある時ボーリングに行こうか?と友達を誘いこの親戚の家に連れて行きました。すると友達のだれかが「ボーリング場じゃないの?」と言いました。そして僕は「ボーリングゲームやで、ここのゲーム普通のより大きくて面白いで・・・・。」見たいな事を言ったと思います。そしてその日は友達皆で楽しく遊び解散しました。

数名の保護者が僕んちに押し寄せてきた。

遂にその時が来ました。恐怖のXデーです。家の外に昨日一緒にボーリングゲームをした友達のお母さんが2~3人来ていたと思います。「あんたとこの息子さんがボーリングに連れて行ってくれるって言うから行かせたのにボーリングゲームてどんなしつけしてるの・・・・。」なんかこんな風なこと言ってたと思います。母はずっと謝っていました。きっと友達のお母さんが帰ったら僕は母にボコボコにされるんだろうなと恐怖に怯えていました。そして友達のお母さんがやっと帰り次は僕の番です。

母は、僕の前に来てあきれた様子で僕にその時の事情を聴いていました。その時母は、僕を叱りませんでしたが、母が凄く失望した様子だったのが子供心に叱られるよりこたえました。後になって友達に聞いたのですがボーリング場に連れて行ってくれると親に言ったら親はお出かけ用の服とお小遣いをくれたと言ってました。

要するに悪意は無いにしても誘うニュアンスがあたかもボーリング場に連れて行くかのように友達を誘った。すなわちウソをついたと言う事になったのです。大人だといちいち身内に報告しないけれど小学生だと全部が親に筒抜けになるのは当然です。

それ以来僕はウソをつくのはやめました・・・・。~な訳でもなくやっぱりケースバイケースでついているかも。そして何時しか記憶に残っているのは、この事だけになったのです。悪気はないにせよ母親を失望させた時のあの罪悪感は、小学生にはかなりこたえました。あの信用されな感は縁を切られた様な感じ?捨てられた感じ?で凄く辛かったのを今も覚えているのです。

教訓

ウソのリスクというのは大切にしている人に失望感を与えてしまう事です。信用されないというのは個人的にも社会生活においてもかなりリスクの高い事です。これから歳をドンドンとって行く中、普通でさえ友達が減って行くのにこんな事で貴重な友達を減らす訳には行きません。なのでウソをつく時はなるべくよく考えてつく様にしましょう。

カラスに襲われた恐怖が蘇る

ヒストリー

毎年桜の写真を撮る変わった日本人?

「春になると決まって毎年毎年桜の花を写真に撮りたがる不思議な民族だ。」と外国人がTVで言ってました。果たしてそうなのだろうか?半信半疑で近所を車で走っていると三分咲きくらいの桜の木を見つけました。そういえばもう三月後半、まだまだ寒いので桜の事はすっかり忘れてました。道も空いてたので車を道のわきに寄せてチョッと撮ってみました。「これか、つい写したい衝動に駆られる子の感覚・・・・。」別に桜が好きでもなんでもないのに写真に収めてしまうなんてまるでパブロフの犬ですね。

僕の住む町は、周りが山で囲まれているので冬の寒い時期は、景色全体が茶色な感じというかくすんだ風景になります。そんな中、春の訪れを知らしてくれるのが、梅の花だとか桜の花なんです。暗い雰囲気の山の中でパッと明るく咲く花は、やはり春を教えてくれます。と同時に花粉の凄まじさも漏れなく付いてきます。

 

f:id:rjmatsumura:20170322235246j:plain

 

まだまだ冬色の山の風景の中に満開ではない数本の桜の木を見つけました。

 

f:id:rjmatsumura:20170322235604j:plain

 

枝の部分も目立ちますが、そばで見るとやはりきれいです。満開までもう少しのです。この辺りも4月上旬くらいが満開だと思います。丁度、入学式のタイミングですね。

 

f:id:rjmatsumura:20170323000109j:plain

 

これ桜ですよね?梅じゃないですよね・・・・?それにしても心が癒されます。通勤に使う老いノ坂峠には、桜の木があり満開時には、凄くきれいです。また散るころも桜吹雪がとても幻想的です。満開時にもう一回写真が撮れればまた紹介します。

未だに分からないカラスに襲われた理由

春になると未だにあの時の悪夢を思い出します。この季節から僕は、自転車で徘徊したりウォーキングをしたりして運動不足の解消に乗り出します。ウォーキングの場合は、町の中を歩くので何の問題もないのですが、自転車での徘徊は、50㎞~60㎞程走るので山の中にも必然的に走り事になります。そんなある時悲劇が起こったのです。

一瞬、何が何だか分からなかった

僕の住むこの辺りは、田んぼや畑が沢山ありカラスがよく集まってきます。そのカラスですが、以前僕が自転車で八木町の「男前豆腐」食品工場近くを走ってた時の事です。突然頭を鷲づかみされた様な衝撃がありました。一瞬何が起きたのか分からず、自転車を止め周りを見渡しましたが何分走っていたところが田舎なので車どころかひとっこひとり見当たりませんでした。そして何気に上を向くと電柱にカラスが一匹とまっていました。その時、僕はこんな話を思い出しました。

「ある男がカラスに空き缶を投げた事があるそうです。その数日後その男の頭の上に空き缶が墜ちて来たそうです。その仕業がカラスだったそうです。」そうなんですカラスは、とても賢くその空き缶を投げた男に復讐したそうです・・・・。と言う事は、僕の場合間違いなく濡れ衣です。僕の頭を鷲づかみ?いや、カラスづかみしたカラスに僕は一切いたずらした記憶はありません。もしそのカラスが、復讐する事が事実であれば100%人違いです。とんだ巻き添えにあったもんです。クソ~・・・・。

        f:id:rjmatsumura:20170323004912j:plain

何か変なウイルスに感染していないだろうか

僕はその時、ヘルメットも帽子も被っていなかっったのでダイレクトに掴まれたのです。カラスは、生ごみをあさったり動物の死骸を食べたりと雑食なイメージがあります。そんなものをつかんだ足で僕の頭をつかむだなんて、「もし傷口から変な菌に感染したらどうするんだ!」なんて思い、しばらく病気の発症に警戒していました。幸い何のウイルスにも感染していない事が分かりホッとしました。なのでカラスを見るたびにまた襲われるのではと内心ヒヤヒヤしている今日この頃です。間違ってもカラスにいたずらを仕掛ける事は避けるようにしましょう。でないと復讐されますよ。

 

今日は定休日で昼食はあり合わせで作ってみた。

料理当番

 ベトナム料理のフォーみたいなスープに挑戦

今日は、定休日おまけに大雨です。今は雨もすっかり上がり浄化された空気が清々しいです。子供が、春休みで今日は親子仲良く自宅待機です。遅い朝ごはんというか早い昼食というか俗に言うブランチを作ることにしました。朝からカレーチャーハンを作ると心に決めていたのですが、冷蔵庫を開けるといきなり目に留まったのがフォースープの素でした。

      f:id:rjmatsumura:20170321165738j:plain

 

「そうだ、フォーを作ろう!」と思いました。しかしながらそんな思い付きで、そう都合よく材料が揃っている訳でもなく急遽「フォーみたいなの」に変更しました。そして改めて冷蔵庫の食材をチェックすると干しエビとくずきり大根の葉が目に留まりました。これなら何とかそれっぽいのが作れると確信し早速、調理開始です。

調理スタート

3人前を想定して作りたいと思います。

f:id:rjmatsumura:20170321172159j:plain

材料
  • 水 900ml
  • 干しエビ 適量(少々多めに入れても極端に味が変わらないので大丈夫)
  • くずきり 一袋200g
  • 大根の葉 お好みに合わせて
  • ユウキ フォースープ(顆粒)大さじ3杯※カレースプーンでもOK
  • ごま油
  • テーブルコショウ

この間お好み焼きで余った干しエビで、それっぽい出汁を取る事にします。そして味のベースにフォーの素を使います。さらにフォー専用麺の代わりにくずきりを使うことにしました。フォーで使用する麺は米と馬鈴薯ばれいしょ)でん粉だけで作られていてプチプチ切れる食感が特徴的です。それに対してくずきりはモチモチとした食感になりまさに対極にある食材です。でも僕は、くずきりとても好きなので有りとします。そしてパクチーの代わりに大根の葉を使いたいと思います。香りは全くしないのですがスープにインパクトがあるのとパクチーはそんなに好きではないので今回は日本らしく大根の葉で行きたいと思います。

 

f:id:rjmatsumura:20170321174427j:plain

作り方

お鍋に水900ml入れて沸騰するのを待つ

沸騰したら干しエビを適量入れる因みに今回は手掴みで二握り投入

続けてフォースープを大さじ3杯投入

されにくずきりを入れ約1分中火で炊く

最後に刻んだ大根の葉をいれ完成

 

 

f:id:rjmatsumura:20170321175715j:plain

 

何か全然美味しそうじゃありませんが大丈夫です。

 

 

f:id:rjmatsumura:20170321175746j:plain

 

決め手にテーブルコショーを一振りとごま油を少し垂らせば出来上がり。不覚にも器に入れた写真を取りそこねましたので完成はイメージでお願いします。

実食

早速、食べてみました。思っていた通りとても美味しく出来上がりました。もともとフォースープのクオリティーが高いので正直誰が作っても外さないことが分りました。以前、ツーリングでタイを走った時にフォーとトムヤムクンばかり食べてた事があってその時の味とそんなに変わらない気がします。なので今回の和風フォースープは大成功だと思います。

 

 

 

 

 

 

人は、いつまで自分を磨くのか

勉強中

 最後はのんびりか最後まで突き進むか

「充分やったのでいいんです」と言い出す時

今日は一段と花粉が飛散して僕も悲惨な事になってます。天気がいいと気持ちまで清々しくなるのですがとにかく微妙な目のかゆみと微妙な鼻づまり、それに微妙な鼻水が仕事に若干ですが影響してきます。お客様との商談中も等間隔で鼻水をすすってしまい「きっと不快な思いをさせているだろうな・・・。」なんて思いながらの今日この頃です。僕は、もともとハウスダスト以外年中花粉と戦う花粉症なので辛いのがスタンダードになってしまっているのです。強いて言うならば、何時もより鼻詰まりがキツイとか、何時もより目が痒いとか何時もよりが付く程度なんです。期待はしませんが都市伝説にもあるこの手の花粉症は、突然治ることも有るとか無いとか噂も巷に流れています。何れにせよ期待せずにその時を待ちたいと思います。

 

        f:id:rjmatsumura:20170320194554j:plain

 

さて、自分磨きの話をする前に仕事場の同僚について少し触れたいと思います。
同僚といっても厳密には上司になります。その上司が最近重い物を担いだ時に腰を痛めたというのです。よくよく聞いてみるとスクラップ同様のバイクのエンジンを無理して持って運んだそうです。それから徐々に痛さがひどくなりいよいよ昼過ぎには帰られてしまいました。僕自身腰痛の経験は、あるのですが俗に言うぎっくり腰なるものの経験は幸いまだ有りません。とても辛くて大変なのは何となく分かるのですが実際経験がないぶんなった時の事を考えると恐怖しかないです。昔から「無理はきくけど無茶きかん」などといわれているようにこれからは慎重に日常生活を送ろうと思います。

 

今になって心を動かされてた話

かなり回り道しましたが、「人は、いつまで自分を磨くのか」について葛飾北斎の有名な話があります1849年4月18日、浅草の聖天町・遍照院(現浅草六丁目)境内の長屋で病み、生を終える。享年88歳。死を前にした北斎は「せめてもう10年、いや、あと5年でもいい、生きることができたら、わたしは本当の絵を描くことができるのだが」と嘆いた。この偉大な絵師は、最後の最後まで修業をし自分自身を磨くことを諦めなかったと言います。このお話は、つい最近知ったのですがとても考えさせられました。そして時を同じくして最近読んだ堀江貴文氏の「ゼロ」にも似たような意味の話が綴られていました。人は、止まる事も進むことも自由自在に出来ます。

出来ない理由を探さず出来る方法を考えることを不可抗力が発生しない限り進み続けることが充実した人生を送れると思うようになりました。話は、少し飛躍してしまいましたが、今まで僕は、どこかのタイミングで「充分やったのでもういいんです。」のカードを出そうとしてました。でもこの考え方は、改める事にしました。僕も葛飾北斎のように周りからどれだけ認められても自分に伸びしろがあると思う限り努力する事が退屈の無い生涯を過ごせるような気がしてきました。「もういいんです。」は、僕の中で禁句にしたいと思います。

女性と男性とでは、10年以上違う

何かで読んだんですが、女性と男性とでは、ファッションに対しての興味の薄れる時期が10年以上違うそうです。若い頃からファッションに拘りを持っていた男女がいたとします。男性は50歳を境に徐々に無頓着になっていきます。気に入った洋服ばかりを身に着けるようになり自分では買い物に行かなくなり最後には奥様が用意したものだけで、まかなうようになります。女性に至っては、60歳後半から徐々にめんどくさくなり買い物などにも出歩かなくなるのです。

 

f:id:rjmatsumura:20170321010808j:plain

 

自分を磨くにはお洒落を忘れない

お洒落に気を使っている人は若々しく楽しく話題に事欠かない。また幅広い年齢層に受け交流も深まります。逆にお洒落を放棄するとネガティブな発想になり交友関係も狭くなります。自分を磨くには外見を磨きそして内面を磨くそうする事によって相乗効果がうまれ葛飾北斎の様に死ぬまで自分を磨くことに生きがいを感じる事でしょう。

初めて買ったレコードは、品の無い映画のサントラでした。

なぜ、初めてのレコードでコレを選んだのか今でも解らない

嗚呼花の応援団が最初ってなんで

誰にでも最初に買ったレコードというものはあると思います。よく芸能人とか歌手なんかこんな質問をトーク番組で尋ねられた時決まってビートルズとかベンチャーズなど洋楽のカッコ良さそうなのを答えていますが本当にそうでしょうか?僕は、中学1年の時どおくまんプロの書く「嗚呼花の応援団」の映画のサントラを買いました。

しかしその当時我が家にはまともに動くレコードプレイヤーが有りませんでした。なので音楽を聴くにはテレビかラジオしかありませんでした。それなのにレコードだけ先に買っていました。今思えばどうしても聞きたかったんでしょうね。

そして僕のたっての願いを聞き入れてくれた両親は、僕の為に当時流行していた縦型コンポを買ってくれました。ただその時、母親から一つ条件を出されました。それは「縦型コンポを買うけど横長にセットするなら買ってあげる」というのが条件でした。縦型で流行ってるのになんでわざわざ横置きやねん・・・・。と思っていましたが「背に腹は変えられない」の精神で耐え抜きました。

 

f:id:rjmatsumura:20170320010007j:plain

 

当時すごく面白くてよく読んでいたのを思い出します。決して心に残る歌の内容ではありませんでしたが、とにかく聞きたかったんでしょう。でもこればかり聞いていられないので次に洋楽を買いに近くの小さなレコード屋にいきました。そこでこのレコードを買いました。

 

f:id:rjmatsumura:20170320010612j:plain

 

クイーンも知らなければ、どんな曲かもさっぱり分かりませんでした。選んだ基準はジャケットの写真で選びました。何かよく分からないけどロックしてる感じが伝わってきたのでした。中学1年生の僕にはなんのこっちゃさっぱり分からないまま聞いていました。その後、徐々にリサーチを行い失敗しないレコード購入が出来るようになっていきました。僕が取った方法は喫茶店のジュークボックスから調べる。さらにCMソングで好きな曲が出来たら購入という手筈でした。

 

 

f:id:rjmatsumura:20170320012757j:plain

 

後は、オリビアニュートンジョンのジョリーン。

 

f:id:rjmatsumura:20170320013117j:plain

 

そして、「グッドバイママ」のエンディングソング。

ジャニス・イアンのラブ・イズ・ブラインドと続きました。
この四枚のレコードは僕のマイフェイバリッツソングです。

因みに我が家には、いまもシングル・LP合わせて100枚くらいはあります。
勿論、プレイヤーもちゃんと購入しておきました。因みに最近はレコードやカセットテープが大人気とか・・・・。それにしても世の中いったい何が流行り出すか予測不可能ですね。

2017大阪モーターサイクルショーに行ってまいりました。

開場前のモーターサイクルショー

中ふ頭駅からのはじまり

f:id:rjmatsumura:20170318235348j:plain

 

今朝は、雲一つない快晴に恵まれモーターサイクルショー日和となりました。地元の京都を出発したときは、放射冷却のせいで氷点下でしたが現場に着くころにはポカポカ陽気になりかけていました。インテックス大阪のある最寄りの駅がここ中ふ頭になります。駅を降りていきなりこのような看板が立てかけてあります。

 

f:id:rjmatsumura:20170319000031j:plain

 

逆光でみにくいですがこれがインテックス大阪の正面玄関です。右手前が1号館でその奥が2号館となります。そしてこのふたつのブースでモーターサイクルショーが開催されるわけです。

 

f:id:rjmatsumura:20170319000238j:plain

 

昨年は、無かったインフォメーションボードです。モニターになっていて色々なイベント情報が映し出されていました。

 

f:id:rjmatsumura:20170319000419j:plain

 

チケット売り場です。開場の1時間以上前だったのでまだチケットは、売られていませんでした。カメラを向けたら皆さん気を使って売り場から離れてくれました。ここにも日本のおくゆかしさを感じました。

 

f:id:rjmatsumura:20170319000835j:plain

 

これが開場前の一番大きな看板となります。比べる対照が無いので大きさが分かりませんね。だいたい地上3階建てくらいの感じだと思います。

 

f:id:rjmatsumura:20170319001628j:plain

 

中に入るとまだバリバリ準備中でした。ここは、イタリアメーカーのドゥカティーです。フェラーリーでも使われますが、イタリアンレッドがイメージカラーですね。

 

f:id:rjmatsumura:20170319001927j:plain

 

四輪でも有名なドイツメーカーのBMW Motorradです。唯一の水平対向エンジンを作っている会社です。

 

f:id:rjmatsumura:20170319002113j:plain

 

カワサキブースです。

 

f:id:rjmatsumura:20170319002148j:plain

 

ヤマハブースです。

 

f:id:rjmatsumura:20170319002219j:plain

 

スズキのブースです。

f:id:rjmatsumura:20170319002235j:plain

 

そしてホンダのブースです。矢継ぎ早に国産メーカービッグ4を紹介しました。本来中に入って車両の紹介などしたいところですが、時間も押していてそれどころじゃありませんでした。

 

f:id:rjmatsumura:20170319002243j:plain

 

ここは、メイド・イン・アメリカハーレーダビッドソンです。この写真を見ていただくと撮影が適当すぎる感が、思い切り出てますね。

 

f:id:rjmatsumura:20170319002253j:plain

 

オーストリア ブランドのKTMです。

 

f:id:rjmatsumura:20170319002302j:plain

 

ライトメーカーブースに行くとラインストーンがちりばめられてあるバイクを発見凄かったので写真に収めてみました。因みにここの人に話を聞く事ができました。どれくらい時間が掛かったかと尋ねると「女性スタッフが一人で4日間掛けて作成しました。」といっておられました。すばらしい!

 

f:id:rjmatsumura:20170319002312j:plain

 

そうこうしてるうちに開場となり怒涛のごとく人の波が、押し寄せてきました。僕はただただその人の波に呑まれながら必死に商品説明をし続けました。

 

f:id:rjmatsumura:20170319002331j:plain

 

ありとあらゆるタイプのお客様が、来られるので対応はほんと大変です。実際ここに来る来場者は、約半分が撮影マニアのような感じをうけました。とにかくコンパニオンにカメラを向けている人たちが年々増えている気がしてならないのは僕だけでしょうか?

 

f:id:rjmatsumura:20170319002355j:plain

 

3日間あるうちの初日だけ参加させて頂いたわけでありますが普段こんな沢山の人と接していないのでかなり疲れました。商品説明もかなりしました。タウンページ上下冊を読み上げたくらいの達成感です。今朝は、いつもより早起きだったので今とても眠いです。なので昨日日引き続き今日もこのまま就寝したいと思います・・・・。

 

 

 

明日は、仕事でモーターサイクルショーです。

年に一度のオートバイの祭典

今年は、どんなバイクが出展されているでしょう

f:id:rjmatsumura:20170317233559j:plain

明日は、1年ぶりにインテックス大阪に行きます。このイベント以外行く用事が無いので必然的にこうなってしまいます。バイクに乗る人口は、年々下降気味で若者の乗り物離れが、深刻です。オートバイもさることながら車までその人口を減らし続けています。教習所も淘汰され生徒の獲得ができない教習所は、次々に閉校へと追いやられているようです。運転免許も就職に必要なツールとして必要なだけで「車を所有する気は、無い」という若者が増えています。欧米諸国では、その様な現象傾向は見られません。

特にヨーロッパは、モーターサイクルの聖地でもあるので二輪、四輪ともまだまだ活気がある業界です。僕たちが扱うヨーロッパの車両は幸い凄く緩やかではありますが何とか右肩上がりをキープしています。今回で33回目を迎えるモーターサイクルショーも3年ほど前にもう関西では開催できないのではないかという噂まででました。

確かに当時の会場は、出店するメーカーや用品関係の会社が少なく空きスペースが、沢山あったのも事実でした。それでも幸い来場者数は、徐々に増えているとの事です。

峠の道の駅や高速道路のサービスエリアなどでバイクに乗っている人を見かけると大概白髪か髪の毛を放棄された人達ばっかり目立ちます。少子高齢化の余波をまともに食らっています。なのでとにかく頑張って営業します。今日、明日という訳にはいかないまでも若い人たちにモータースポーツの楽しさを何とか分かってもらえるよう明日は、頑張ってアンバサダーやってきます。

次の予約日決定しました。

f:id:rjmatsumura:20170318000437j:plain

ところで朗報です(僕にとっての)任天堂スイッチの次の予約日がでました。3月27日以降注文再開だそうです。これでやっと買えます。買っても自分は、殆どする時間は無いですが子供との約束なので父として守らねば。

それにしてもここ最近は出費が続きます。我慢すれば問題ないのですがどうも物欲が抑えられずついつい買ってしまいます。実は今日もジーンズを買いにお店に行きました。去年の秋に目をつけていたものでした。年が明け春めいたこの時期残っていれば間違いなくセール対象商品になって買えるはずとその商品を探したところ、ドンピシャありました。お店の人に値段を尋ねると価格はそのままでした。それだったら我慢せず秋の段階で買っとけばよかったと思いつつもせっかく行ったので買っちゃいました。「あ~僕の推理だと間違いなく半額で買えたはずなのに・・・・」と妄想を膨らせながら自宅に帰りました。明日と言うか今日は、朝が早いので今日はコレで就寝したいと思います。